ねずみ講がなぜダメなのか。(ピックアップ記事):日記:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ねずみ講がなぜダメなのか。(ピックアップ記事) [ピックアップ]

2017年11月21日


ねずみ講は、最終的に、お金を献上?する人がいなくなるから、破綻するというものだったと思いますが、

例えば、献上するのがお金ではなくて、

労力、だったとしたら。



上の者に下の者が労力を献上する代わりに、下の者がお金を貰えるというものだとしたら。

もちろん、その労力で、何かを作り、

外に売ることで、利益を得て、それを給料として下の者に払う。という形。





一つの会社のようではありますが、

これがねずみ講だと言うのには、お金を渡すのと同じくらいの簡単な作業であるということ、

そして、一番上にいる者が大金を得やすい、何もしなくても大金を得ることができるシステムであるということ。

そして、一番上にいる者の顔が見えないということ。



簡単な作業なので、その対価はとても安い。

例えば、ネットでできる在宅ワーク、クラウドソーシング。



個人が、人を雇うのなら、これは普通にクラウドソーシングとして成り立つと思うのですが、

組織として、人を大勢集めて、簡単な作業の積み重なりで大きなものを作ろうとした場合、




組織は無駄が多いと言われますが、

組織というものが無駄が多いものだとしたら、




集める人が多い分、

膨大な無駄が生まれるのではないでしょうか。


nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 1

マッキー

marineさん ごきげんよう。
確かにそう言われてみるとそうですね。
会社も体のいいネズミ講なのかもしれません。
自分をしっかり持って行動しないといけませんね。
素敵なお話をありがとうございました。

by マッキー (2017-12-24 02:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。